UNIT紹介NHBBNSBKUB風林火山KHAMSIN'17
古谷充・光広がやっているUNITを紹介します。

古谷充 NEIGHBORHOOD BIG BAND


Facebookページへ!

1996年4月、尼崎市市制80周年、
『あまがさき国際音楽祭』のジャズ部門に参加するべく、若手とベテランの力を集結した特別編成のフルバンドを結成しました。
国際音楽祭の主旨に基づき、韓国から若いミュージシャンを、中国から中国古楽器の奏者をゲストに招き、二本に近い国との親睦を図りました。
バンドの名称も、この意図通りに「NEIGHBORHOOD(隣人愛)BIG BAND」としました。
一夜のコーンサートの為に結成したこのバンドが、
その後、毎年のリサイタルをはじめ、数々のコンサートに出演することになるとは、結成した当初、思ってもいませんでした。
ネイバーフットビックバンドリサイタル、2016年で20回目になります。
ユニークなこのバンド、是非お聴きください!

MEMBER
SAXOPHONE
古谷充・小林充・里村稔・古谷光広・泉和成
TRUMPET
峰崎芳樹・房原忠広・ユンファソン・築山昌広・田中洋一
TROMBONE
宗清洋・大迫明・太田健介・前田大輔
RHYTHM
PIANO 中島徹
GUITAR 池田定男
BASS 時安吉宏
DRUMS 梶原大志郎

イベントはありません

Neo Saxophone Band


Facebookページへ! | UNIT HOME PAGEへ!

1980年代後半、古谷充がやっていた番組、「マイティア Midnight Jazz」で
特集されたサックス4人、リズム3人の7人編成の譜面を、
90年代、大学卒業したての当時若手ミュージシャン
小林充、里村稔、古谷光広に鉄壁のベテランリズムセクションで活動を開始しました。
ジャズのスタンダードから、日本の唱歌、ファンク系の楽曲までを演奏しています。

95年の阪神淡路大震災の際には、神戸北野天満神社での慰問演奏を行いました。
その後、このユニットを母体としたビックバンド「ネイバーフットビックバンド」の活動が増え、
一時活動を休止しました。

2016年、高槻ジャズストリートに出演するために、活動を再開。
新たなメンバーに、新曲を織り交ぜてのLIVEは必聴です!

Saxophone
古谷充 (Alto Saxophone)
小林充 (Alto, Soprano Saxophone)
里村稔 (Tenor Saxophone)
古谷光広 (Tenor, Baritone Saxophone)

祖田修 (Piano)
西川サトシ (Bass)
梶原大志郎 (Drum)

イベントはありません

関西うたものばんど


Facebookページへ! | UNIT HOME PAGEへ!

いつの頃から始まったのか、このユニットは「踊らせる事!」だけを考えているユニットです。
70〜80年代のおいしいFunk,Popsナンバーを忠実に再現し、演奏する。
昨今オムニバスCDで出ているような「そうそう!!」「これこれ!!!」的なコメントに
ピッタリの選曲で毎回演奏しています。
メンバーもいいメンバーが揃い、レパートリーもどんどん増やしていっている、
「超前向き!」な、コピーバンドです!!

Horn section
Tenor/Baritone Saxophone
古谷光広(Mitsuhiro Furuya)
Alto Saxphone
古谷充(Takashi Furuya)
Trumpet
築山昌広(Masahiro Tsukiyama)
Trumpet
ユン・ファソン(Yoon Fasong)
Trombone
前田大輔(Daisuke Maeda)

Rhythm Section
Keyboards
祖田修(Osamu Soda)
Guitar
白山貴史(Takashi Shirayama)
Bass
冠智志(Satoshi Kanmuri)
Drum
梶原大志郎(Daishiro Kajiwara)

Vocal
小柳淳子(Junko Koyanagi)
阪井楊子(Yoko Sakai)
DiceK(DiceK)
林真二郎(Shinjiro Hayashi)

イベントはありません
動画です。(何曲か入っています。)

風林火山


Facebookページへ! | UNIT HOME PAGEへ!

京都を中心に関西で活動をしている、FUSION BANDです。

2002年、京都大宮で行われた、「大宮JAZZ FESTIVAL」に参加する為に結成してました。
その時の打ち上げで、色々な話をした結果、一夜限りではなくこのまま続けていかないか?
と言う事になり、以来、数回のメンバーチェンジを経て現在に至ります。

Tenor, Soprano Saxophone / EWI
古谷光広 (MITSUHIRO FUTUYA)
Guiar
大黒克敏 (KATSUTOSHI DAIKOKU)
Keybord / Piano
兼子じゅん (JUN KANEKO)
Bass
大嶺泰史 (TAISHI OMINE)
Drum
永見潤 (JUN nAGAMI)

基本的には、70年代〜現代に至るJAZZ / FUSIONの名曲を演奏しています。
メンバーそれぞれの個性をぶつけあって出来るサウンドは、とてもユニークです。

これから、オリジナル作品も作成していけたらなと思っています。
今年(2017年)で15年目に入りました。
公私ともに、仲のいいメンバーのLIVEを是非お楽しみください。

イベントはありません

KHAMSIN’17


Facebookページへ! | UNIT HOME PAGEへ!

別のバンドで一緒に演奏していドラムの「松田GORI広士」に勧められ、
当時、アメリカはボストンのバークリー音楽大学から帰ってきたギターの清野拓巳も参加し
オリジナルテクニカルフージョンバンドとして1996年に活動を開始しました。

KHAMSINとは、北アフリカやアラビア半島で吹く、砂塵嵐を伴った乾燥した高温風のことで、また、「見えざるもの」の神の名前でもあります。
一時活動を休止していましたが、2017年新たなメンバーを迎えて再始動しました。
十数年の期間の間に個々人が経験・体験してきた音楽を集結して、このバンドにしかできないサウンドを作っています。

1枚のアルバム「KHAMSIN」をリリースし、その後活動を一時休止することとなりましたが、
2017年、新たなメンバーを迎えて再始動しました。

十数年の間に経験した多くの音楽体験を取り込み、
よりレベルアップしたサウンドをお楽しみください。

SAXOPHONE
古谷 光広 (Mitsuhiro Furuya)
GUITAR
清野 拓巳 (Takumi Seino)(g)
PIANO/KEYBOARD
柳原 由佳(Yuka Yanagihara)
BASS
白石 宣政 (Nobumasa Shiraishi)
DRUM
松田 “GORI” 広士 (Hiroshi “GORI” Matsuda)
ちなみに、KHAMSIN’17の’17は毎年変わっていきます!

イベントはありません
動画です。(何曲か入っています。)