ありがとうございました!(関西うたものばんど)

9月の最終土曜日、京都は「LIVE SPOT RAG」で、関西うたものばんどのLIVEでした。
5月の高槻JAZZ STREETで出番を頂いて楽しい時間でしたが、今回は、誕生の地の古巣に帰ってきました。

お越しの皆様、有り難うございました。

今回は、色々な事がありました。
父親が2曲歌いました。
久しぶりに歌ってもらいました。
父親がJAZZメインですが、ノ一ジャンルのなんでもこい!!なのが改めて確認出来た瞬間でした。
また、トランペットの築山様(仕事で来れなかったんですよ!!)に代わり、音大を卒業した若手トランペッター永野君がサポートしてくれました。
しっかり吹いてくれたので、凄く頑張ってきてくれたんだなと、とても助かりました。
写真はこちらから。
そして、高槻JSから参加してしれている、ボーカルの佳奈ちゃんが今回も岡山から駆けつけてくれました。
緩急、大小、色んなシチュエーションでの歌い方や楽曲のとらまえ方などとても勉強しているなぁと思いました。
メンバーの林との連携もよく、色々な事がボーカル内で決めていってくれるので助かります。
写真はこちらから。
そして!!
「関歌」のトレードマーク、ボーカルのペーさんに出てもらった事です。
今回は、急な連絡の中、快く(きっと())受けてくれました。
次の日のすでに決まっていたハードなLIVEのためにも、各セット後半に出てもらうようにしてもらいました。
ペーさんが帰ってきてくれた事に心の底から感射でした。
去年の高槻JSで、偶然僕の次の出番にペーさんがいました。
けったいなゾンビ色(どうしても地黒やから)の化粧してたしかジュリーを歌ってました。
数年、ペーさんを聴いていなかったのですが、あの時の声は前よりもパワフルで伸びがありました。
ヘルニアにも負けない筋力トレーニングをして来たんやなとかっこいいと思いました。
その後、偶然打ち上げしていたらペーさんと合流。
あーでもない、こーでもないと盛り上がりました。
写真はこちらから。
演奏中、0秒からおもしろかったです。
新しい音、懐かしい音、思い出のフレーズ、どこをスライスしてもウハウハでした。
大所帯という事もあり、回数を増やす事は難しいですが、またやりたいです。

との時は、是非聴きに、見に来て下さい。

Twitterやっています。
是非、登録、よろしくお願いします!

1set
Panhandler
Can You Feel It
Party Down
Miss You Like Crazy
A Little Knowledge is a Dangerous Thing
Only So Much Oil in the Ground
Credit
Soul With A Capital ‘S’
2set
Winter Games
Heart in Pieces
Spinning Wheel
Don’t Get Around Much Anymore
Got to Get You Into My Life
In the Stone
Praide
Touch the World
Suite : Peace
アンコール
I Go To Extremes
Love Light the World