大覚寺 観月の夕べ に行ってきました!

今日(9月13日)は「中秋の名月」でした。

秋雨前線も少しずれてきて、夕方以降が涼しくなったので、見に行ってみたいなぁと思っていました。

お月見なんて、本当にやってなく、思い出したら小学校の頃、母方の実家に行った時くらいでした。

今日は、1日家での作業で、たまたま見たテレビでお月見をやっていたので、
家族に無理を言い、京都にある「旧嵯峨御所 大本山 大覚寺」へ行ってきました!
大覚寺では、「大覚寺 観月の夕べ」と言うイベントをやっています。
どんどん雲行きも悪くなってきていたのですが、涼しいしそれでも行こうということで、ギリギリで到着。

まだまだお客さんがいて盛り上がっていました。
写真はこちらから。

この大覚寺には、大沢池(おおさわのいけ)があり、そこに船があり、そこからお月見ができます!
大人気で、もう売り切れていました。
でも、1200年前から変わらない池に映る月や、建物は本当に趣があり楽しかったです。
写真はこちらから。

今回、これで満足!と思っていたのですが、急にアナウンスが・・・
「お茶席 観月台」は間も無く受付を終了します。
えっ!いけるかも!
ということで、

五大堂(ごだいどう)にある、観月台からお抹茶とお菓子を頂きながら、池や月を眺めることができました!
写真はこちらから。

そして!!
ラッキーは重なり、満月が見れました!
写真はこちらから。

最後の方だったので、ゆっくりお菓子やお抹茶をいただき、ゆっくりさせてもらいました!
とそうこうしていると、またアナウンスが。
「船にキャンセルが出ました。もしお乗りの方はお申し出ください!」
ということで!
船にも乗れました!!!
なんとラッキーなんでしょうか!
船には屋根から垂れ幕が飾ってて、上を向いても月が見れませんでした。
しかし、池に映る月や、そこに生えているハス、遠くに映る建物が見えて素晴らしい景色を見ることができました。
昔の人は、本当にワビサビを重んじていたようです。
垂れ幕の意味がわかって「イキやなぁ」と思いました。
直接上を向いて月をめでるのではなく、お酒を注いだ杯に映る月をめでていたそうです。
すごいなぁと思いました!

家族も、盛り上がって楽しんでいました!
また、来年、行きたいですね!
写真はこちらから。

Private

Posted by furuya-jazz